キッチンの蛇口が水漏れするのはなぜ? 原因や修理の方法を解説

 

キッチンの蛇口は、ふと気づくと水漏れしていることがあります。ポタポタと音がするのは鬱陶しく、水道代の無駄にもなるので早めに修理しなければなりません。自力で修理しようとする方もいると思われますが、簡単には直せないことも多いので注意が必要です。今回は、蛇口からの水漏れの原因や、修理する際の注意点について解説します。




■キッチンの水漏れの主な原因は、シングルレバーの部品の経年劣化



現在、多くのご家庭のキッチンで使用されているのは「シングルレバー混合水栓」と呼ばれる蛇口です。耐用年数は10年程度のため、設置から10年前後経過した頃から、経年劣化による不具合が生じてくると考えなければなりません。もちろん、使い方や使用頻度にもよるので、ご家庭ごとに差はあります。


水漏れの箇所や原因はいくつか考えられますが、特に多いのは吐水口からの水漏れ、つまり「しっかり閉めているはずなのに水が出てくる」というものではないでしょうか。この場合、原因として考えられるのはバルブカートリッジの劣化、もしくはOリングやUVパッキンといったパッキンの劣化です。


そのため、パッキンやカートリッジの交換が基本的な対処法となります。蛇口を強く閉めれば解決するというものではないので、レバーを正しい位置に戻しても水漏れするようなら、部品の経年劣化を疑いましょう。




■水漏れはさまざまな場所から発生する。部品の品番を確認しよう



水漏れは吐水口だけでなく、蛇口の他の部分からも発生することがあります。よくあるのは、蛇口の胴体部分(スパウト)や根元、レバーハンドルの下などから水が漏れてくるというものです。水漏れの原因はそれぞれ異なるので、発生場所を特定した上で対処法を考えなければなりません。


まず、胴体から水漏れしている場合は、胴体内部のOリングやUVパッキンなどの劣化が考えられます。同様に、レバーハンドルならバルブカートリッジの劣化、根本ならパッキンの劣化を原因として疑うのが基本です。さらに、レバーハンドル自体の故障や緩み、根元部分の接続の緩みなども原因として考えるべきでしょう。


これらの部品のうち、バルブカートリッジはメーカー純正品しか使えないことが多い点に注意が必要です。他のメーカーのものが使えないため、メーカー名と品番を確認して部品を取り寄せ、交換しなければなりません。パッキンなどは互換性があることが多いのですが、念のためメーカーに問い合わせるのが望ましいでしょう。


なお、蛇口自体が壊れるほど古い場合は、品番がわからないことも珍しくありません。もしメーカーがわかるなら、やはりメーカーに問い合わせて対処法を確認することになります。状況によっては、蛇口やキッチンのリフォームも検討してください。




■蛇口の水漏れは、放置せずに修理することが大切



キッチンの蛇口が水漏れしていても「使えないわけではないし、修理には費用がかかるから……」と、修理を見送ってしまう方もいると思われます。しかし、水漏れの原因の多くは経年劣化ですから、放置して悪化することはあっても水漏れが直ることはありません。


あまり古くなると、交換用の部品がなくなってしまうことも考えられます。そうなればリフォームせざるをえませんから、かえって費用がかかってしまうかもしれません。購入から10年以上経過しているなら、そろそろ経年劣化による不具合が発生すると考え、修理もしくはリフォームの計画を立てるのが望ましいでしょう。


また、水漏れとは性質の異なる話題になりますが、「水圧が弱く感じるので上げてほしい」というご相談をいただくことがあります。水圧を上げるのは基本的には難しく、全体的に水圧が落ちているのであれば、配管に問題があると考えた方がいいでしょう。鉄管を使っている場合だと、古くなり錆びてしまうことで水圧が低下する場合もあります。


このように、キッチンの蛇口に発生するトラブルは、種類も原因もさまざまです。修理・交換となるとどうしても費用がかかってしまいますが、弊社ではお客様の負担をできるだけ小さくできるよう、最適なプランを提案しています。不具合が発生したら早めにご相談いただき、快適に使える蛇口を保ちましょう。



栃木県真岡市の平山鉄工所は、「街の頼れる水道屋さん」を目指して仕事しています。トラブル対応のスペシャリストとして、どのような事態にもスピーディに対応。迅速・確実・丁寧な施工が自慢です。トイレやお風呂、キッチンに関するお困り事や不安があれば、ちょっとしたことでもお気軽に平山鉄工所までご連絡ください。

アーカイブ

人気記事